マクロビオティックの考え方

三調家では「マクロビオティック」をベースとした食事を体験していただいております。

 

マクロビという言葉は知っていても、それが身体にいいらしいと聞いてはいても、難しいとか面倒だと感じたりする方もいるかもしれません。
しかし私達は、それを日常の生活に取り入れられるような形で、無理なく続けていただけるようにご提案させていただきたいと考えています。


食物を一物全体と考え、野菜を皮をむかず全部丸ごと食べたり、切り方もエネルギーのバランスを考えたり、味付けも素材を活かしたシンプルなものだったり。

それをベースにしたうえでの少食をメインにしています。

 

ダイエット合宿ですからもちろんファスティングやプチ断食も可能です。

しかし回復食にはマクロビを活かした質と量の両方から考えた身体を整えるための食事を重要視しています。

 

私たちの生活の基本となるのは、食事です。
食事は身体だけではなく、心にも大きな影響を与えます。


食事の取り方は自分次第で非常に効果的を上げられるできるダイエット法なのです。
無理なダイエットでリバウンドを繰り返すのではなく、自分の身体の調度を感じ繰り返していただくことで、これまでと全く違った人生を手に入れられます。
そのことを体感していただきたいのです。

 

マクロビオティックは、食事から身体と心を整える考え方です。

健康的な生活方法という本当の意味でのダイエットの適した食事法です。


今まで食生活がうまくいかず、何度もリバウンドを繰り返してしまって痩せられないと悩んでいる方も多いと思います。
自分の身体の調整法を身につけて本当の意味でのダイエット生活を始めてみませんか?

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

更年期障害による不定愁訴、PMS(月経前症候群)など身体的にも、精神的にも不安定になっている人が増えてきています。

仕事や人間関係、家庭など様々なストレスが多い現代社会では、緊張を支配する神経である交感神経が高まり自律神経が乱れがちになります。
自律神経の乱れによる毎日の疲労や不調で身体がガチガチになり、休息しても回復が追い付きません。
とはいえ、仕事や人間関係などを急に変えることは簡単にできません。
自分の意識で副交感神経(リラックスの神経)に切りかえることもうまくコントロールできなくて、悩んでいる方が現代には大勢います。

 

そういう時にオススメの食べ物は、小松菜、ほうれん草、ニラ、パセリなどカロチンや食物繊維が多い緑黄色野菜です。

身体の中にたまっている毒素を排出して、自律神経を整えてくれます。

 

気持ちの持ち方としては、物や人、過去の出来事・感情などに対する執着を捨てることが大切です。
水は流れが止まると濁って、腐ります。
それと同様に執着していると流れを止めてしまいます。
そして物が腐ったり、人との関係が悪くなったり、過去にしがみついて前に進めなかったりということが起こってきます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

それに伴って交感神経(ストレスの神経)が高まり緊張している状態が続くと、血管や筋肉が固まり血液の流れが悪くなります。

そうなると熱が滞り高血圧の症状が出たり、気持ちが落ち着かなくなって不眠症になったりします。

 

そういう時におススメの食べ物は、天然のお塩です。
天然のお塩から作られた味噌や醤油、梅干しもおススメの食べ物です。
日本古代から食べられていたものばかりです。
お塩に含まれるにがりが血液の流れをよくし、筋肉の収縮をほぐしてくれる働きがあります。

 

よく塩分の取りすぎに注意すると言われますが、その時の「塩分」とは人工的に作られた食塩をいい、自然のミネラルが入っている天然のお塩ではありません。
もちろん身体にいいといってもたくさんとればいいわけではありませんが、過度に減塩を意識するのではなく、適度な天然ミネラル塩でおいしく食事を召し上がっていただくといいですね。


気持ちの持ち方としては、感動することが大切です。
人は感動した時に身体の60兆個の細胞が活性化されます。
嫌々仕事をやっている時には時間はなかなか過ぎませんが、好きな趣味をやっている時には時間はあっという間に感じます。
その時はワクワクして自然と笑顔になり、血液の流れがスムーズになり、筋肉も柔らかくなってきます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

血液の流れが悪くなると体温が低下します。
最近低体温症の女性が増えてきているといわれています。
日本人の平均は36度代後半が健康的な体温ですが、35度代や34度代の人もいます。

 

体温が1度下がると免疫力は30%以上低下します。
体温は低いのに、熱が高い時のように身体が熱っぽくだるく、気分が悪くなる時もあります。

そうなると季節の変わり目に体調を崩しやすくなったり、病気になりやすくなります。

 

そして身体が疲れてくると甘いものがほしくなりますが、甘いもののとりすぎには注意が必要です。

女性の中には甘いものが止められないという方が結構いますが、それが長く続くと糖尿病になったり、低血糖症になったりします。
低血糖症になると精神的にも不安定になり、うつやひきこもりなどの症状がでたりします。


甘いものが食べたいと思った時に、時々はお菓子ではなく、かぼちゃ、さつまいも、栗などの甘いお野菜を食べてみてください。
お野菜のやさしい甘みで幸せな気分になり、満足感が感じられます。
この満足感が実はダイエットにはとても大切になります。
ここでの満足感はお腹いっぱい食べた満足感ではなく、身体に心地いい満足感です。
その体験をダイエット合宿で感じていただきたいと思っています。

 

気持ちの持ち方としては、足るを知ることが大切です。
自分にとって適切な量と質の食べ物。
もっともっととたくさん食べるのではなく、自分の身体と心が求めているものを感じることが身体の声を聞くことです。
その声が本当の自分の声だと思いませんか。
それに気づくことの大切さをお伝えしています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

身体の免疫力が低下するとリンパが詰まりやすくなります。
そうなるとアトピーや花粉症などのアレルギーやぜんそく、便秘になったりします。

 

免疫力アップにおススメの食べ物は、玄米やタマネギ、しょうが、大根、ねぎなどの白くてやさしい辛みがある根のお野菜です。
その辛みがリンパの詰まりを流してくれます。

 

気持ちの持ち方としては、素直な心を持つことが大切です。
まずは今の自分をあるがままに受け入れて、愛する。
人はそれぞれみんな違います。
それをうらやましいとかどちらが上でどちらが下とか判断するのではなく、その違いを受け入れて認める、それが素直な心を持つという大切なことにつながります。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

リンパが詰まってくるとホルモンや酵素の働きが悪くなります。

それは環境ホルモンの影響を受けやすくなり、子宮や卵巣に影響が出ます。
不妊症や子宮・卵巣の腫瘍、婦人科系のガンなどの症状がでたり、骨がもろくなり骨粗しょう症の症状がでたりします。

 

ホルモンバランスを整えるのにおススメの食べ物として、豆腐や高野豆腐、納豆、大豆ミートなどの大豆加工食品があげられます。

お肉やお魚もおいしいですが、時々は大豆加工食品におきかえることをおススメします。


三調家ではお肉やお魚といった動物性たんぱく質を使わず、様々な大豆加工食品を取り入れた植物性たんぱく質のメニューです。
今までとは少し違った料理法や他の食材との組み合わせで、ご自身とご家族にも満足していただけるものをご提案させていただいています。

 

気持ちの持ち方としては、水に流すことが大切です。
過去に起こった出来事や人に対するマイナスの感情をずっと持ち続けていると、エネルギーが流れなくなり病気になってしまいます。
それらを水に流して自分の中のエネルギーを流してあげることが大切です。

身体はつながっているので、自分や家族に出ている症状が複数ある方が多いと思います。
その症状を食べ物や気持ちの持ち方から改善させていくことができます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

私たちの理想の食事は、玄米とお味噌汁、つけもの、野菜の煮物など昔から日本人が食べていた伝統的な和食です。
玄米は現代人に不足しがちなビタミン、ミネラルが豊富で完全食と言われています。
合宿では胃にも優しく、自宅の炊飯器でも炊きやすい発芽玄米を召し上がっていただいています。
お味噌汁のお味噌は、地元の方が手作りで作られているお味噌を使っています。。
そしてこの地域の農家の方からのとれたて旬のお野菜や海草類、きのこ類などを調理した、軽目の食事です。
いろいろな具材を入れると、毎日おいしく新鮮に飽きることなく食べられます。

 

そんな身体も心も満たしてくれる食事を三調家では合宿の皆さんでいただきます。
お食事を感動していただけることはダイエットにはとても大切です。


そして一番健康にいい行為は笑うことです。
笑うことで呼吸が深くなり、身体の細胞が活性化されます。

最近思いっきり笑ったことがありますか?

 

三調家の「三調」とは、「身体」と「心」と「呼吸」を整えるという意味ですが、呼吸を整えるということは、しっかり吐くことができるということです。
呼吸は吸う行為よりも吐く行為のほうが大切です。
吐く行為によって副交感神経が働き、リラックスできます。
そして身体の中の老廃物が排泄され、新しいエネルギーを取り込むことができるようになります。
だから思いっきり笑った後は、何だかスッキリしますよね。
笑顔になる、大切なことです。

 

三調家では毎朝ストレッチのレッスンを行っています。
新鮮な空気、鳥の鳴き声や水、木々の音、風の感覚など自然を感じながら、日常を忘れるような深くて長い呼吸ができるようになってきます。
そういう呼吸ができるようになってくると、朝の目覚めがすっきりしたり、爽快感を感じることができます。
それは思った以上の別世界を感じることでしょう。

 

身体と心、呼吸を整えるという体験、今の食生活を見直し自分に合った食生活を実践することで本当の意味でのダイエットを体験できる合宿所です。


三調家は女性専科です。
女性スタッフでお待ちしています。