楽しい手仕事

 

現地から天然のプルーンを手に入れることができました。


よく目にするドライプルーンはしっとりしていますが、こちらはドライもドライ、天日干しのカッチカチです。

そのまま食べてもやみつきになるおいしさですが、さぁ、どう使いましょう。

まずは紅茶に漬けて、柔らかく戻します。

プルーンから紅茶液に溶け出る、芳醇なエキス!

クッキーを焼きました。
オートミールも加えて、ザクザク系に。

 

サクサク感とプルーンのしっとりとしたコンビネーションのクッキーの出来上がりです。