冬野菜の苗植え

%e5%86%ac%e9%87%8e%e8%8f%9c%e8%8b%97%e6%a4%8d%e3%81%88古民家の田舎暮らしの三調家の畑で、先日冬野菜の苗植えをしました。

 

第一弾として、キャベツ、白菜、ブロッコリー。

 

どのお野菜も三調家でサラダやスープ、漬物、おかずに大活躍する野菜たちばかりです。

 

気温が涼しくなって秋の気配を感じますが、今から冬に向かって冬野菜の成長という楽しみが増えました。

 

三調家の畑では夏野菜のナスやトマト、いんげん、おくらなどまだまだたくさんなっています。

 

夏野菜と冬野菜の畑での共演。

 

野菜を通して季節を感じことができるのは、田舎暮らしならではです。

ご存知ですか?穂紫蘇のことを

%e7%a9%82%e7%b4%ab%e8%98%87%e3%81%a8%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%83%aa%e3%81%a8%e3%81%af%e3%81%99%e8%8a%8b%e3%81%ae%e5%92%8c%e3%81%88%e3%82%82%e3%81%ae

田舎暮らし、本日の一品。

 

今が旬のはす芋とキュウリ、赤紫蘇の穂の和え物を作りました。

 

赤紫蘇の穂を手で取り、湯がいて、25~30%の塩に漬けた保存食です。

 

田舎流では、こんな素敵な一品があります。

 

とってもさっぱり、いくらでも食べれるところが食欲の秋を感じます。

そうなんです、秋の味がするんです。

不思議ですね。

 

田舎暮らしの食卓は、旬の採れたてのお料理が並びます。

 

ささやかな幸せを感じる時です。

珍しい食用ほうづきの実

 

 

田舎暮らしの三調家の畑では、珍しい食用ほうづきの実がなりました。

 

見た目にもかわいく、プチトマトに近い食感で、味はフルーティーでパクパクやめられないおいしさです。

 

今日は三調家の夕食メニューの生春巻きとサラダに入れてます。

 

こういった珍しい食材に出会えるのも田舎暮らしの醍醐味ですね。

ブルーベリー収穫

9月12日

 

自然の山で育つブルーベリーの木は、今が収穫真っ最中です。

 

田舎暮らしの三調家のブルーベリーはこの木から一年かけて育っています。

 

少し酸味がありますが、甘酸っぱくておいしいです。

 

これからお客さんと一緒にジャム作りします。

 

どんな私だけのオリジナルジャムができるかお楽しみに♪

秋を感じる花

彼岸花

古民家の田舎暮らし。

 

田舎暮らしの三調家前の畑の脇に彼岸花が咲いていました。

 

残暑も厳しかった今年の夏ですが、季節はすっかり秋です。

と感じると同時に彼岸花を目にして、植物の神秘的な生命力を感じます。

 

彼岸花の花言葉は「情熱」、何かピンとこないとこもありますが、彼岸花は別名「曼珠沙華」とも言われ、情熱的な表現の花というイメージがあります。

 

ここにも陰と陽、自然のエネルギーを感じます。